AGA治療は何時頃から通い始めればいいのか

髪質の変化を感じる方はAGAの可能性あり

AGA治療は何時頃から通い始めればいいのか

薄毛の男性

髪質の変化を感じたら危険信号

AGAを始めとする抜け毛の症状が進んでいくと、髪質が変わっていくことがよくあります。最近髪質が前と比べてみて、パサついていたり、キシキシしていると変わってきたように感じることがある方は抜け毛を警戒した方がいいでしょう。季節や気候などの影響で髪質が変わることはありますが、季節が変わっても髪質が戻らない場合は危険信号のサインです。

全員に起こるわけではない

髪質が変化するという前兆が起る人もいれば、起こらない人もいるので、髪質が変わったからといってそれが必ず薄毛のサインというわけではないことも覚えていて下さい。髪が抜けてから薄毛じゃないかと疑い始めた方でもAGAの病院に相談することで治療を始めることが出来ますが、髪質の変化など小さな変化を感じて早いタイミングで治療を行うほうがお金も時間もかかりません。

AGA治療とはどういうものか

現在主に行なわれているAGA治療は、薬による治療です。今残っている毛根を薄毛の原因となる男性ホルモンのこうげきから守り、成長の促進を促す効果が期待出来る治療法です。なので毛根自体がかなり弱っていたり、毛根自体がなくなってしまっていると、薬による改善が難しくなってしまうということです。なので出来れば毛根が元気なうちに治療を始めるといいでしょう。

いつから治療を行なえばいいのか

病院やクリニックで治療をすると聞くと、お金がかかってしまううえに、とても大げさに感じてしまう方もいます。また自分はまだクリニックへ行く段階まで薄毛が進行していないと思っている方もいらっしゃいます。ですがもし薄毛の原因がAGAだったとしたら、いくら予防をしていても、AGAの進行を完全に止めることは出来ません。

高い育毛剤より病院やクリニックの方が安上がり

育毛に関するセルフケアを行うことは、頭皮や髪にとってはとても良いことですが、高い育毛シャンプーなどにお金を払って予防するくらいなら、いっそのこと病院やクリニックへ相談する方が安上がりになる場合もあります。最近では無料のカウンセリングを行なっている所もあるので、抜け毛が気になる方はまずは気軽に相談することから始めてみましょう。

広告募集中